カテゴリ
全体
善行院
本満寺
道入寺
霊鑑寺
満願寺
日體寺
本教寺
法華寺
慈雲寺
常寂光寺
三寳寺
圓成寺
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 04月
お気に入りブログ
本年の参拝案内
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:十二支妙見 ( 29 ) タグの人気記事
常寂光寺縁起
常寂光寺
慶長年間(1596〜1614)に大本山本圀寺第16世究竟院日禛上人により開創。本堂は慶長年間に小早川秀秋公の助力を得て、伏見桃山城客殿を移築し造営する。仁王門は、元和二年(1616)に大本山本圀寺客殿の南門(貞和年間の建立)を移築、仁王像は運慶作と伝えられる。什物に高倉天皇より小督局に下賜された車琴がある。これは小早川秀秋公より当山に納付されたものである。(非公開)

小倉山
平安時代より嵯峨野の地は、皇族や貴族の離宮、山荘をかまえる景勝地として有名であった。特に小倉山、亀岡、嵐山の山麓は、後嵯峨上皇の亀山殿、兼明親王の雄倉殿、藤原定家の小倉山荘の他、八条院高倉、待賢門院の中納言局、藤原公雄、藤原光経、飛鳥井雅有、覚性法親王や西行法師、涌蓮、向井去来など公家や歌人が好んで別荘や菴を構えた地域です。 後嵯峨上皇が吉野の桜を嵐山に移植してより、嵐山は桜の名所、小倉山は紅葉と鹿の名所として親しまれてきました。
小倉山山腹に位置する常寂光寺境内には、藤原定家の小倉山荘跡と伝えられる場所が仁王門北側に有ります。又、後世に復元された山荘の基礎石跡が多宝塔の西南上方に有り、現在は時雨亭跡の石碑が建てられています。
明治時代頃までは、多宝塔の北側の墓地に前中書兼明親王の墓碑が存在しました。多宝塔の西側には、木下長嘯子の歌塚が有り、歌人としても有名であった日禛上人との交流が偲ばれます。

七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞかなしき(後拾遺和歌集1154) 兼明親王
牡鹿なく小倉の山の裾近みただひとりすむわが心かな(山家集、上、秋歌) 西行法師
わか庵は小倉の山の近ければ浮き世を鹿と鳴かぬ日ぞなき(新勅撰集、五、秋歌下) 八条院高倉
山里はみな冬がれて小男鹿の音にぞ僅かに秋は残れる(出観集、秋歌) 覚性法親王
忍ばれむものともなしに小倉山軒端の松ぞ馴れて久しき(拾遺愚草2082) 藤原定家

[PR]
by myou_hiki | 2017-01-01 00:05 | 常寂光寺
妙見引継式
昨年より寒くなった引継式10時半から水行 11時から法要が始まりました。
例年参拝の方々に高評価をえている干支引継の口上です。

[申の妙見様口上]
昨年は、「去る(サル)年よりナイスな年にしよう」と頑張ってきましたが、「猿(サル)も木から落ちる」が如く、年初よりマイナンバー詐欺に熊本鳥取(トリ)の地震災害と良くない出来事が多く残念でした。しかしながら、リオオリンピックではアスリートの活躍で史上最多となるメダル獲得で日本中が湧き上がり、ポケモンGO(モンキー)は、アウトドアゲームで中高年の健康ブームに心飛び躍ることもありました。
来る年は「能ある鷹は爪隠す」のではなく「飛ぶ鳥を落とす勢い」で「烏合の衆」となりつつある日本を酉の妙見様の「鶴の一声」で「ピース」(平和)で「プレジャ」(喜び溢れる)「アモーレ」(愛ある)「パーフェクト」(完璧)「PPAP」な一年になるようお願いたします。

[酉の妙見様口上]
申の妙見様お疲れ様でした。今年は不正・災害と良くないニュースもありましたが、去る(サル)者は追わず。文句(モンキー)は言わず。来年は心新たに、感謝の気持ちを忘れずに鳥(トリ)の目を活かし周囲に目を配り破邪顕正の宝剣で邪気を取り(トリ)去り(サル)、きちん(チキン)と良い運気取り(トリ)こんで「一石二鳥」とはならずとも結構(コケコッコウ)な年にしていきたいと思います。宜しくお願い致します。

と妙見様の宝剣を引継がれました。
[PR]
by myou_hiki | 2016-12-28 16:26 | 慈雲寺
年末恒例 洛陽十二支妙見引継大祭
日 時  12月 17日(土) 午前10時 受付開始

会 場  島原の妙見さん 申 慈雲寺
     (京都市下京区下松屋町通五条下る薮之内町627
              電話075-341-7772 駐車場 無)
     *お越しの際は、公共交通機関をご利用下さい。

交 通  JR「丹波口駅」より 東方向へ 徒歩 14分
     JR「京都駅」より市バス206号「島原口」下車 北西へ 徒歩 3分
     近鉄「東寺駅」より市バス207号「島原口」下車 北西へ 徒歩 3分
     阪急「大宮駅」より市バス18・32・71号「大宮五条」下車 南へ 徒歩 4分

会 費  4,000円(昼食代含)

日 程  午前 10時30分 水行
        11時    宝剣引継法要
             参拝者特別祈祷と法話
     午後 12時30分 昼食及び福引
        2時頃   終了予定

<お申込み> 最寄の各寺、又は事務局へ 12月7日迄にお申込み下さい。
<お問合せ> 事務局 未の方妙見さん・法華寺内 ℡ 075-361-0783

十二支妙見ホームページ http://www.eonet.ne.jp/~joujusan-hokkeji/
[PR]
by myou_hiki | 2016-11-02 22:49 | 慈雲寺
妙見会日帰旅行
本年は島原の妙見さん『申』の妙見 法喜山 慈雲寺様を参拝し 奈良県五條市で昼食、真田丸で注目が集まった真田親子蟄居の舞台になった和歌山見九度山を散策してきました。


[PR]
by myou_hiki | 2016-04-19 22:54 | 慈雲寺
引継大祭
本年は当山の干支 未歳です。翌年は申歳 妙見破邪宝剣引継大祭を下記の如く厳修致します。
日時  12月 12日(土) 午前10時 受付開始
会場  未の方の妙見さん 法華寺
  (京都市下京区西新屋敷中之町108番地 電話075-361-0783 駐車場 無)
   *お越しの際は、公共交通機関をご利用下さい。
交通
  JR「丹波口駅」より 南東方向へ    徒歩 7分(約500m)
  JR「京都駅」より市バス206号「島原口」下車 西へ
                     徒歩 8分(約550m)
  阪急京都線「大宮駅」より市バス 18 号「島原口」下車 西へ
                     徒歩 8分(約550m)
  近鉄京都線「東寺駅」より市バス207号「島原口」下車 西へ
                     徒歩 8分(約550m)
  京阪本線「祇園四条駅」より市バス80号「五条壬生川」下車南へ
                     徒歩7分(約500m)

会費4,000円(昼食代含む)

 [日 程]
   10時30分 水行
   11時    宝剣引継法要 特別祈祷と法話
   12時30分 昼食及び福引
   14時頃   終了予定

<お申込み>
最寄の各寺、又は事務局へ12月5日迄にお申込み下さい。

<お問合せ> 事務局 島原・法華寺内 ℡ 075-361-0783
  十二支妙見ホームページ
  http://www.eonet.ne.jp/~joujusan-hokkeji/

例年多くの方で賑わい、日蓮宗修法師が参拝者の厄を落とし、
より良き新年を迎えて頂くよう祈念する法要です。
[PR]
by myou_hiki | 2015-11-03 21:15 | 法華寺
徳川園と名古屋城
4月22日水曜日 いよいよ待ちに待った日帰り旅行へ

朝は、四条大宮に50名が参集し、未の方の妙見さん法華寺へ

嵯峨野線高架下の駐車場に2台のバスを駐車し、徒歩200m東へ右手に銅板葺の緑の屋根がみえるお寺に到着、法味言上し住職の縁起・挨拶を聞き、参拝を終えバスにもどりました。

その後は、法華寺参集の5名がバスに同乗し総勢55名で名古屋へむかいました。

途中大津SA・土山SAで二度休憩して、徳川園に到着

美術館横の法善亭で「旬小箱」の昼食

後、園内は話上手な楽しいガイドさんの案内で散策しました。

二つ目の観光地は、名古屋城

駐車場からは結構距離があり、天守閣まで行かずに

本丸御殿の復元工事現場の見学をして、駐車場に戻方も

流石は、徳川家の御殿。大変立派な建物でした。

楽しい時間は、「あっと」言う間に過ぎ名古屋を後にして

一路京都へと戻ってきました。

参加者のみなさんは怪我や事故もなく無事に四条大宮で解散しました。

お疲れさまでした。また、年末の引継大祭にもお越しください。

お待ちしています。
[PR]
by myou_hiki | 2015-05-20 12:10 | 法華寺
春の日帰り旅行(名古屋城と徳川園)
本年は、旧花街島原の中に在る妙見さん「未の方妙見宮」法華寺を参拝致します。法華寺は、八条通の東寺北門前に古くよりありましたが、東海道新幹線敷設の際、伽藍を現在地に移転。日蓮聖人ご在世時に、東寺密教の奥義を学ばれた旧跡で境内には当時自ら御手掘りになられた「硯水の井戸」が復元されています。参拝後は、近年開園した尾張二代目藩主光友が隠居所の地:徳川園の散策と金鯱で有名な城郭建築国宝第一号の名古屋城を見学するコースとなっています。更なる信仰と懇親を深める日帰り旅行に、ご家族・知人・友人お誘い合わせのうえ多数のご参加お待ち申し上げております。

   日帰り旅行日程表(予定)

四条大宮==成就山・法華寺==新名神・東名阪道経由==『宝善亭』徳川園==
8:00出発  8:30~9:30(参拝)         11:30~13:30(昼食)
==名古屋城:本丸御殿===東名阪道・新名神道・名神道経由==四条大宮
  14:00~15:20(散策)                  17:45着

日  時 4月22日(水) 午前7時45分
集合場所 四条大宮 貸切バス駐車場
参 加 費  9,000円
申込締切 4月7日(火)
[PR]
by myou_hiki | 2015-03-10 21:17 | 法華寺
宝剣引継法要
12月13日京都師走の恒例行事となりつつあります。

午から未への宝剣引継法要が午(伏見大手筋の妙見さん)本教寺にて約80名の檀信徒と共に盛大に行われた。

凍りつくような寒さの中、妙見会各聖による水行から始まった。

境内の檀信徒はもとより近隣商店街の通行人も足を止め、水を被る上人に手を合わせ心禅定に見守っていた。

11時からの法要では、午の妙見さん本教寺住職佐藤文則師の口上では、

ソチ五輪羽生選手や大リーグ田中将大選手のスポーツによる活躍や日本人三氏によるノーベル賞など歴史に残る偉業を讃えながらも、近年の自然災害に心痛めていると述べ、来年の国土安穏を祈念していた。

一方、来る年の未(未の方の妙見さん)法華寺の住職永岡龍明師は、「破邪顕正の宝剣で邪気を払い、質実(ひつじ つ)剛健に務め開運をもたらします。」「だめよ、ダメェ~ダメェ~」と今年もダジャレを交え参拝者の笑いを取りながら、来年の運気上昇を強く誓っていた。

法要が終わると書院に移動し、昼食をとりながら参加者の懇親を深め最後には福引等で明年の所願満足を祈り解散した。
f0207694_1691565.jpg

[PR]
by myou_hiki | 2014-12-20 16:08 | 本教寺
午から未へ 宝剣干支引継法要
本年も残すところ一か月半となりました。

京都の冬の行事として少しずつ定着しつつあります妙見会宝剣引継式

12月13日(土)に伏見大手筋 本教寺様で営まれます。

例年通りのスケジュール予定です。

 10時半  水行
 11時   引継式法要
 12時半  昼食
 14時   解散

昨年より参加費は、4千円(昼食費含む)です。

参加ご希望の方は、十二支妙見会各寺院または、本ホームページより
メールでお問い合わせください。
[PR]
by myou_hiki | 2014-11-15 16:17 | 本教寺
日帰旅行
今年の妙見旅行は、能勢妙見山の参拝がメインで、予定通り本教寺さまにお参りの後は一路能勢へと向かいました。一時間半程で到着しました。
駐車場からお堂までは結構な登りの坂があり、足に自信のない方は、少し回り道の裏参道をゆっくり歩きました。
到着後は、妙見堂で御開帳があり参拝者の読上げに旅行安全・身体健全の祈願・また御経を頂戴しました。
その後は、信徒会館「星嶺」で御住職みずからの御法話を聴き、最後には記念品も頂戴いたし参拝者の皆さんも大変喜んで頂きました。
その後は、変更になった昼食場所の伏尾温泉の不死王閣で食事をして、ラーメン発明館でお土産にオリジナルのカップラーメンを作り帰路につきました。
夕方6時頃には京都に帰り解散しました。
畿内近場の旅行でしたが、一所にゆっくり時間が取れ大変贅沢な旅行をした気分になりました。
また、来年も近場が良いように思いました。
[PR]
by myou_hiki | 2014-04-14 06:30 | 本教寺