カテゴリ
全体
善行院
本満寺
道入寺
霊鑑寺
満願寺
日體寺
本教寺
法華寺
慈雲寺
常寂光寺
三寳寺
圓成寺
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 04月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 04月
お気に入りブログ
本年の参拝案内
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
宝剣引継法要
12月13日京都師走の恒例行事となりつつあります。

午から未への宝剣引継法要が午(伏見大手筋の妙見さん)本教寺にて約80名の檀信徒と共に盛大に行われた。

凍りつくような寒さの中、妙見会各聖による水行から始まった。

境内の檀信徒はもとより近隣商店街の通行人も足を止め、水を被る上人に手を合わせ心禅定に見守っていた。

11時からの法要では、午の妙見さん本教寺住職佐藤文則師の口上では、

ソチ五輪羽生選手や大リーグ田中将大選手のスポーツによる活躍や日本人三氏によるノーベル賞など歴史に残る偉業を讃えながらも、近年の自然災害に心痛めていると述べ、来年の国土安穏を祈念していた。

一方、来る年の未(未の方の妙見さん)法華寺の住職永岡龍明師は、「破邪顕正の宝剣で邪気を払い、質実(ひつじ つ)剛健に務め開運をもたらします。」「だめよ、ダメェ~ダメェ~」と今年もダジャレを交え参拝者の笑いを取りながら、来年の運気上昇を強く誓っていた。

法要が終わると書院に移動し、昼食をとりながら参加者の懇親を深め最後には福引等で明年の所願満足を祈り解散した。
f0207694_1691565.jpg

[PR]
by myou_hiki | 2014-12-20 16:08 | 本教寺
<< 春の日帰り旅行(名古屋城と徳川園) 午から未へ 宝剣干支引継法要 >>